美味しいぬか漬けの作り方

この記事は約1分で読めます。

①野菜の下漬けをする
1野菜の下漬けをする

野菜にひとつまみの塩をよく揉み込んで、30分以上おきます。
「ひとつまみ」の目安は、親指・人差し指・中指でつまめるくらいの量です。

3つの効果
1.ぬか床の味が浸透しやすくなり、漬ける時間短縮!
2.緑黄色野菜が色良く漬け上がります。
3.野菜の余分な水分がぬか床に入らず、お手入れ楽チン。

②ぬか床に塩を入れよく混ぜる
2ぬか床に塩を入れよく混ぜる

ぬか床にもひとつまみの塩を入れてよくかき混ぜ、平らにならします。

ポイント 
ぬか漬けを作り続けていると、徐々にぬか床の塩分が減ってきます。そうなると味がしなくなったり、雑菌・カビが発生しますので、毎回塩を足してください。

③野菜をぬか床に入れる
3野菜をぬか床に入れる

野菜の水分をキッチンペーパー等でよく拭いてから、野菜どうしが重ならないようにぬか床の奥まで入れます。野菜を入れ終えたら、ぬか床を平にならしてください。

④仕上げをして冷蔵庫へ

4仕上げをして冷蔵庫へ

キッチンペーパーで容器の縁を綺麗に拭います。また、キッチンペーパーを丸めたものを容器の四隅に入れ、蓋をして冷蔵庫で寝かせたら完成です。(キッチンペーパーは翌日に取り出してください。)

ポイント
ぬか漬けを作り続けていると、野菜の水分がぬか床にうつり水っぽくなりますが、キッチンペーパーで余分な水分を吸収できます。この方法は野菜を漬けている状態でも並行してできるのでとても便利です。

右の✔いいね!を押すとこのブログ更新情報が受け取れます。
これであなたもぬか漬けマスター!
ぬか床のお手入れ お手入れ
シェアする
菜香やをフォローお願いします!
無添加漬物処菜香や
タイトルとURLをコピーしました