糠漬けワークショップ開催します!

この記事は約3分で読めます。

羽田甚ワープショップ 秋のosekkai講座 ~昔の日本人はeraかった vol.2~

日本食の成り立ちを知れば知るほど、昔の日本人はすごかったんだなあと驚かされます。食欲の秋ということで、昔ながらの日本食のことを学び、自分の手で作ったもので、食を楽しみませんか?

応募はこちらから
https://docs.google.com/forms/d/1TQMEOvp_I16lEV3f3kAMQLmpmeeTE0M2wpIYHLgzPkk/edit

【タイトル】
「羽田甚ワープショップ 秋のosekkai講座 ~昔の日本人はeraかった vol.2~」

【日時】
2019年11月3日(日)
10:00~11:30 ぬか床づくりワークショップ
13:30~15:00 ひよこ豆と雑穀米でつくる味噌づくりワークショップ
16:30~18:00 秋の和菓子づくりワークショップ

【場所】
銀座九劇アカデミア
〒104-0061 東京都中央区銀座1-28-15 鈴木ビル 2階

【定員】
各回30名

【募集期間】
受付:2019年10月4日(金)17:00~
※定員数に達し次第、募集を締め切ります。
※応募が確認できましたら入金のご案内をさせて頂きます。

【案内事項】
※受付は開始時間の30分前より始めます。
※製作物はお持ち帰り頂けます。材料費は参加費に含みます。
※1組2名まで応募可能です。
※小学生以上は代金必要です。

応募はこちらから
https://docs.google.com/forms/d/1TQMEOvp_I16lEV3f3kAMQLmpmeeTE0M2wpIYHLgzPkk/edit

【ぬか床づくりワークショップ】
講師:遠藤記生(菜香や)
時間:10:00~11:30
参加費(材料費込み):6,000円(税込)
内容:ぬか床づくりを、みなさんも体験してみませんか?ぬかの栄養を学んで、実際に自分のぬか床を作ってみましょう。
できあがったらお家に持って帰って、実際に野菜を入れて、おいしいぬか漬けを作ってくださいね。
ぬか床のお手入れは簡単で、3日に1度程度かき混ぜるだけでいいので、お忙しい方でも大丈夫。

【ひよこ豆と雑穀米でつくる味噌づくりワークショップ】
講師:小野敬子(みそソムリエ)
時間:13:00~14:30
参加費(材料費込み):5,000円(税込)
内容:
こだわりの厳選素材で作る手前みその食べ頃は半年後。
素材へのこだわり、麹の加工工程、知っているようで意外と知らない味噌の知識も合わせてお持ち帰り頂きます。
味噌の原料と言えば大豆ですが今回は有機栽培のひよこ豆を使用し、合わせる麹もこのワークショップの為に雑穀米を麹に加工しています。
味噌の仕込みはお一人様ずつご自分の分を仕込んで頂きますので『世界にひとつの手前みそ』が完成します。

【秋の和菓子づくりワークショップ】
講師:大森慶子(和菓子家/和菓子ユニット ユイミコ 主宰)
時間:16:00~17:30
参加費(材料費込み):4,500円(税込)
内容:
練切り「菊」、「紅葉山」
「菊」
練切の菊の意匠は様々ありますが、その中でも伝統的な技法のひとつである、
ヘラ菊に挑戦していただきます。
練切餡を好みの色に着色していただき、三角ベラという和菓子の道具を上下に動かして
菊の花びらを描いていきます。
中心に金箔をあしらって華やかに仕上げます。
「紅葉山」
渋皮煮の栗を、甘納豆を混ぜた練切餡で包み、羊羹の紅葉を乗せて仕上げます。
色づいた紅葉が秋の山に舞い落ちるイメージの和菓子。
栗が入っているので味わいにも秋を感じていただけると思います。

【問い合わせ先】
https://www.lespros.co.jp/event_contact/

羽田甚ワープショップ 秋のosekkai講座 ~昔の日本人はeraかった vol.2~ | 浅草九倶楽部/銀座九劇アカデミア
浅草九倶楽部(劇場とホテルの複合施設)は、エンタテインメントの聖地「浅草」を拠点に「エンタテインメントを育む」プロジェクトです。浅草から世界へとつながるエンタテインメントの渦のど真ん中を目指します。浅草九劇は、人と情熱とエンタテインメントを巻き込む劇場であり、才能と熱量に溢れたエンタテインメントを発信していきます。
右の✔いいね!を押すとこのブログ更新情報が受け取れます。
これであなたもぬか漬けマスター!
イベント案内 掲示板
シェアする
菜香やをフォローお願いします!
無添加漬物処菜香や
タイトルとURLをコピーしました