アボカドのぬか漬け【簡単ぬか漬けレシピ】

この記事は約2分で読めます。

46505940_1812172032243331_4270110980228251648_o

LINEキーワード アボカド、アボガド
旬の時期

通年手に入るとはいっても季節によって味が変化し、4〜6月頃のアボカドは油分多く味がよいと言われています。 8〜10月頃になると、油分が少なめで、小ぶりなものが増えてきます。
バターのような濃厚さがあるクリーミーなアボカドを食べたいなら、春から初夏にかけて出回るアボカドがよいでしょう。


豆知識
アボカドはよく「森のバター」などと言われ「ギネスブック」にも、生食の果実で栄養価NO.1と認定されています。実際、果物にもかかわらず、脂質が100g中18.7gと、ブリよりも多く含まれています。

事前準備
完熟するのを確かめます。漬ける前は表面をよく洗ってから漬けてください。

漬け方
1.つまようじなどをアボカドに刺して種まで届けば漬け頃です。完熟前に皮をむいてしまうと酸化して黒くなってしまうので注意が必要です。
2.ピーラーなどでしましま模様に皮を剥く。(一部を残して形が崩れないようにするためと、糠の味が染みやすくするため)
半分に割ってぬか床に入れても問題ありません。
3.糠床に落とし穴のように穴をあけてアボカド全てに糠が埋まるように漬ける。


漬け時間(冷蔵庫)
2日から3日

コツ・ポイント
食べる時は黒い皮をむいて召し上がってください。
アボカドは皮を向いた部分が空気に触れると黒く酸化します。ぬか床から取り出したらその日のうちに召し上がってください。

右の✔いいね!を押すとこのブログ更新情報が受け取れます。
これであなたもぬか漬けマスター!
ぬか漬けの漬け方レシピ 変わり種
シェアする
菜香やをフォローお願いします!
無添加漬物処菜香や
タイトルとURLをコピーしました